時空のおっさんの朗読を聴いていて正体を知りたいと思っていたら・・

不思議

YouTubeで、ほがら朗読堂さんの「時空のおっさん」の話を聴いた。

不思議な話は大好きなので、ワクワクしながら聴いていた。

休日の午後一人で過ごす憩いのひととき。

BGMがまたいいんですよね。

ほがら朗読堂さんのセレクトは・・

スポンサーリンク

時空のおっさんの朗読を聴いていて正体を知りたいと思っていたら・・

ほがら朗読堂さんの「時空のおっさん」

この時空のおっさんって、2チャンネルとかに投稿されたものだと思います。

全部作り話だとは思えません。

かなりの体験者がいるようですし。

そして、

ここに投稿してくるのは氷山の一角。

と言うことは、もの凄い?数の人が「時空のおっさん」ぽい体験をしているということになる。

と、思いながらほがら朗読堂さんの「時空のおっさん」を聴いていました。

「時空のおっさん」とは?

この「時空のおっさん」の話、体験談は2つに分かれるような気がします。

と言うか、2つに分けます。

1つは、その体験中に「時空のおっさん」が現れ、その異常な世界から、元居た世界に戻って来る。

もう1つは、その異常な世界を体験中に「時空のおっさん」は現れないが、いつの間にか元居た世界に戻っている。

という2つのパターン。

以下の「ピクシブ百科事典」の説明が分かりやすいかも。

時空のおっさんとは?

いわゆるネット上の「怖い話」、実話系都市伝説の一つ。

異世界に迷い込む系の怪談の一種で、日常生活を過ごしていると、いつの間にか迷い込む……という始まり方が多い。
普段通り学校や会社に行くと、そこは誰もいない教室だったりオフィスだったり。
他にも買い物中などに突然、周囲に誰もいなくなっている事に気付く。

戸惑っていると、突然そこに何者かが声をかけてくる。
それはたいていが中年の男性で、普通に姿を現すのみならず、当事者が所持している携帯電話などに通知してくる事もある。

その声の主に反応する、もしくは電話に出ると、その中年男性=おっさんは、
「なぜこんなところに来たんだ!」と、咎めるような強い口調で怒鳴りつけてくる。
そして気が付くと、元に戻っている……というところで終わる。

出典 ピクシブ百科事典

ほがら朗読堂さんの「時空のおっさん」の内容

やはり2つのパターンのお話、体験談に分かれるみたいです。

バスの中で席を譲ったおじいさんがあまりに不思議な感じを醸し出していたので、

「おじいさんはマジシャンですか」と勇気を出して聞いてみた。

すると、そのお爺さんは「マジシャンじゃないけど、これならできるよ」と言って外を指さした。

気が付くと、バスの中にはそのお爺さんと自分だけになっており、ほかの乗客はすでにバスから降車済みだった。

あわてて、おじいさんを残し、自分もバスから降りた。

その瞬間、明るい光に目がくらんだ。

はっとして、周りを見ると音がしない、静か。

普段は大きな駅前のバスターミナルなので、車の音や電車の音、人々の行きかう音や会話でうるさいくらいの騒々しさ。

なのだが、静寂に包まれている。

しかも、空も風景も周りの色全てが真っ赤。

誰もいない、車も1台も走っていない。

後ろを振り返ると、今降りたバスもいない。

怖くなってしゃがんで泣いていると、さっきのおじいさんが目の前に現れた。

「ごめんごめん、そんなに怖がるとは思ってなかったんだけど・・」とおじいさんが言っている間に、

車の音など喧騒が戻ってきた、自分は横断歩道の真ん中で泣いていた。

周りに不思議そうな顔で見ている大勢の人。

空も周りの色もいつもの色に戻っていた。

・・といった感じ。

このパターンは「時空のおっさん」が現れるやつですが、このようなパラレルワールド?異次元?に突然入って、突然勝手に戻って来るというのがもう一つのパターンにあります。

そのもう一つのパターンを、私は子供のころ体験してしまっていたかもしれないというお話をさせてください。

「時空のおっさん」の話を聴いていて「もしかしたら、私は「時空のおっさん」が現れない方のパターンを体験してしまっていたのかもな」

という考えが浮かんできましたので・・

もう一つのパターンの時空のおっさんっぽい体験をした話

私の体験談で恐縮です

子供のころ、小学生高学年か中学生のころ、塾に通っていました。

その日の塾は夜7時から8時まで。

で、

その日は珍しく「たまには塾さぼるか」という気分になり、塾に行く途中の広大な芝生の横を通る道沿いの目立たなそうなところに自転車を止め、時間を潰そうとたくらみました。

広大な芝生なので見晴らしがよいのですが、人通りも車もまばらなので近所のおばちゃんに見つかって告げ口される心配はほぼない場所。

その時は非常に静かで、というか全く音がしませんでした。

車の音も、虫の音も、風の音も、全く無音。

その時は「静かな夜だな」くらいにしか思いませんでした。

晴れていて雲一つない日だったので、きれいな星とか月とか見ようと思って夜空を見て時間を潰そうと顔を上げました。

・・満天の星々・・

・・満天の星々・・

ちょっと違う、でっかい星が、同じくらいの大きさの星が空一面にありました。

「なんかおかしい」と思って、よく見ると、星ではなさそうです。

・・UFO?

空一面にUFOっぽい光る丸いものが浮かんでいる。

何機いるのか?何百?何千?・・空一面に。

ドキドキしてきて、誰かそばを通ったら「あれ見て」と言おうと待ち構えていましたが、

誰も通らず、車も通らず・・いつもなら、まばらですが犬の散歩の人や買い物帰りの人、会社帰りの人がちらほら通っているのに・・

全く音もせず、人も車も通らず・・

周りを見渡し、空の光るものを見るを繰り返していました。

どのくらいたったときでしょうか、そらのたくさんの光がひとつづつ消え始めました。

「あっ消えちゃう」と思ってみていたら、あっという間にすべて消えてしまいました。

その瞬間、車の音、虫の音、人の歩く音などが聞こえ始めました。

塾の終わる時間に家に帰らないとさぼったのがばれてしまうと思い、目覚まし時計を持ってきていました。

時間を確認

時間を確認。

夜の7時15分。

この場所についたのが夜の7時5分くらい。

なので、10分くらいの出来事でした。

体感では1時間くらい空を見ていた感じだったので、家に変えったら「遅いね・・」と言われ、塾をさぼったのがばれてしまうとひやひやしていたのですが。

全然時間は立っていなかった。

あれは何だったんだろう?

何で車も通らず、遠くの車の音も聞こえず、虫の音さえ聞こえず・・あの静けさ、無音状態は?

と、最近思い返すことがあります。

この話はほぼ誰にも話していません。

塾さぼったのばれちゃうんで。

これって「時空のおっさん」のおっさんが出ないバージョンなのではないかと考えます。

一瞬、パラレルワールド?異次元?に入り込み、偶然出てこれた?

又は、UFOは本物で、宇宙人さんのいたずら?

・・だったのかもしれません。


時空のおっさんの話を書いているときに・・

時空のおっさんの話を記事として書きました。

この記事とアメブロに書きました。

この記事で書き始めた時です。

頭がくらっとしました。

「やべー、異次元に行ってしまい、時空のおっさんに怒られるのか・・?」と

不安になりましたが、この通り記事を完成させることができ、、異次元に行くこともなかったです。せーふ?

そして、

アメブロに時空のおっさんの話を書いている時にも・・

あらかた書き終えて、文字数を確認しようとしていた時・・

今まで書いた文字がすべて消えてしまいました。

復元しようと頑張ったのですが・・ダメでした。

・・これらは時空のおっさんの注意勧告なのでしょうか?

「みんなに広めちゃダメ」という・・

違うか!?

【朗読】時空のおっさん・弐

かなりの数の体験談が聴けます。

作り話ではなく、本当に体験したんだろうなと言う感じを受けます。

ほがら朗読堂さんの語り口調がいいです!

癒し系ですね・・リラックスできます。

BGMも好きです(。・ω・。)ノ♡

【朗読】時空のおっさん・弐 1時間3分56秒

こんな癒し系のところなら・・

脳がとろけるような川のせせらぎ,小鳥のさえずり【大自然,勉強,作業,集中,睡眠,癒し,瞑想,リラックス,赤ちゃん寝かしつけ,高音質,落ち着くBGM,自律神経を整える,ASMR】8時間00分02秒

まとめ

以上「時空のおっさんの朗読を聴いていて正体を知りたいと思っていたら・・」でした。

異次元、パラレルワールド・・今いる世界のすぐそばに、知らない世界があり、何かのきっかけでその世界に入り込むことがある・・管理者もいる・・?

不思議大好きですけど。

自分が体験する場合は、怖いのや痛いのは勘弁してほしいですね。

でも、本当に不思議な体験をしている人って多いんですね。

その体験談を2ちゃんやYouTubeにアップすることも簡単にできる時代なので、みんなに聞いてもらえれば少しは体験者の心も軽くなるし、聴くほうも楽しめ一石二鳥!?

いー時代ですね!?

スポンサーリンク
この記事を書いた人
kazurei

常に時間や心、お金に余裕が無い日々。

子どものころのように、心の底から笑える楽しい日々が懐かしい・・

と、社会人、ほぼサラリーマン人生を振りかえる

ユーチューブ大好き、不思議大好き、定年が見えてきた

無駄に多忙なサラリーマン!

みんなが何それって言いそうなことを、

みんなにお知らせするのが最近の一番の楽しみになってきた

感じで生きてます。

さらに興味のある方はプロフィールをご覧ください。

kazureiをフォローする
不思議
kazureiをフォローする
ツイてるぞ!なんとかなる!!
タイトルとURLをコピーしました