分散投資で本当におすすめの安全資産とは?自分なりに考えてみた!?

資産運用

投資をされている方で分散投資を考えている方、されている方は多いと思います。

ですが、今後のリスクを本当に把握されている方は少ないかも。

私は最近、デジタル資産の危機の可能性もあるかも?

と考えるようになりました。

スポンサーリンク

分散投資で本当におすすめの安全資産とは?自分なりに考えてみた!?

私が考えるデジタル資産とは?

銀行預金、定期預金など・・通帳など紙で証拠を残していれば安全かもしれませんが。

株など証券会社などの商品・・書面で取引履歴などを残していればOKかも。

仮想通貨など・・書面で取引履歴などを残していればOKかも。

上記商品などをお持ちの方多いと思いますが、最近は銀行預金でさえ「エコ通帳にしませんか?」ということで、紙の通帳をやめる人も増えています。

実際、紙を使わなければエコになりますし、経費節減やごみも減らせます。

いいことばかりだと思っていたのですが・・

デジタル資産が危険にさらされるときとは?

EMP爆弾、電磁波爆弾で電気系統などがダメになる

電磁的記録装置などもダメになるかもしれないので、ネット上などに記録された金融データなども破損の可能性があるのではと考えます。

「銀行預けていた俺の預金があ・・」などという可能性もあるのでは?

EMP爆弾の解説

電磁波爆弾(でんじはばくだん、英:Electromagnetic bomb)とは、

本来原子爆弾の高高度核爆発によって発生するような強力な電磁波を、原子爆弾の高高度核爆発を利用せずに(少量のTNT爆薬程度かそれ以上による)小さな爆発による爆薬発電機によって、広範囲にわたる強力な電磁波を発生させる爆弾の事を指す。

一般的に、電磁パルス爆弾、EMP爆弾、EMP兵器と呼ばれている。

電磁波爆弾を使うことで、爆弾の効力にもよるが周囲数百メートル~数キロ程度にある電子機器の基盤を破壊し、家電やコンピューター、自動車などを使用不能にすることができる。

科学兵器が多用される現代戦において非常に効果的であり、人体に影響しない非殺傷兵器として知られる。

また、指向性エネルギー兵器としてアクティブ・フェーズドアレイ・アンテナによって高出力の電磁波を特定の部位に収束させる事で、電子機器を焼損させて無力化する方法の開発も進められる。

出典 ウィキペディア

この爆弾は、北朝鮮でさえ持っているという噂を聞きました。

噂ではこの爆弾により機能停止させられた発電所などは、機器をはじめから作り直す必要があるようで復旧まで相当の時間がかかるそうです。

人体には影響しないのではというのがせめてもの救いか?

人工衛星?が異常なスピードで増えている

中国やアメリカがどんどん人工衛星?を打ち上げている。

軍事用なども相当な数だとか。

この人工衛星間で宇宙戦争が行われるとか行われないとか・・

この人工衛星の兵器?で敵国の社会インフラなどの攻撃もできるのではないかと考えます。

そうなると、先ほどのEMP爆弾と同じで、デジタルデータもダメになるかも?

太陽フレアによる太陽嵐

こちらは自然現象ですが、たまにニュースになりますよね。

太陽活動が活発化しており、電子機器とかに影響が出るかもしれません・・なんていうニュースも。

でも、まだ実際に電子機器とかが大きな被害を受けたというニュースは聞いたことはありませんが・・

しかし、最悪な事態も考えておくことに越したことはないのでは?

太陽嵐(たいようあらし、英語: solar storm)とは、

太陽で非常に大規模な太陽フレアが発生した際に太陽風が爆発的に放出され、それに含まれる電磁波・粒子線・粒子などが、地球上や地球近傍の人工衛星等に甚大な被害をもたらす現象である。

太陽は、太陽黒点数の変化周期である約11年のほか、約200 – 300年などのいくつかの活動周期を持つと言われている。

最も顕著なのは11年周期であり、およそ11年ごとに、活動が活発な極大期とそうでない極小期とを繰り返す。

極大期には、人工衛星に搭載される電子機器などに被害をもたらすような強い太陽フレアが発生することがある。

また、強い磁場、高密度のプラズマを伴った太陽風が磁気圏に衝突することで、強い電気エネルギーが磁気圏内に生成され、それが原因となって短波通信障害や地上の電力施設などにも被害をもたらすことがある。

出典 ウィキペディア

分散投資で本当におすすめの安全資産とは?

現物ですね。

ネットや電子機器がダメになり記録がすべてパーになったら・・

銀行や証券会社、役所など紙の記録以外は復元できないのでは・・?

仮想通貨などはブロックチェーンで、一瞬で地球のネットや電子機器がダメにならない限り大丈夫なのか?わかりませんが少しはほかのデジタル資産よりは希望が持てるのかもしれません・・知らんけど( *´艸`)

ということで現物が最強!?

現物とは?

誰でも思い浮かぶのは、

①現金ですよね。

そして、

②土地や建物。

権利書や登記簿を紙で保管している人がほとんどだと思います。

でも土地や建物は流動性や買いづらいなどちょっとハードルが高いと思います。

なので、現金の次におすすめなのが、

③ゴールド、金(きん)などの貴金属を現物で持つこと。

ゴールド、プラチナ、シルバーなどが個人には持ちやすいのではないでしょうか?

最近は、インフレになるとかグレートリセットなどいろいろと騒がれ、人気化してますね。

以前は「3000円からコツコツ・・」のCMで有名な田中貴金属などで積み立て投資などがはやっていましたが、今は2021 オーストリア ウィーン銀貨 1オンス 37mmクリアーケース付き 新品未使用など、楽天でも気軽に買えるようです。

田中貴金属からプラチナウィーンコインの情報が!

プラチナの純度99.95%以上を誇るオーストリア政府保証の法定通貨で、825年の伝統を持つオーストリア造幣局が初めて発行したプラチナコインです。

プラチナは希少性が高く、宝飾品としても資産保全の手段としても人気です。

資産としてプラチナを蓄えること、それは未来のある貴重な資産を蓄えること。

「プラチナウィーンコイン ハーモニー」は、その優れた選択肢のひとつになることでしょう。

サイズは1オンスの1種類です。

出典 田中貴金属

発行初年度のこのプラチナウィーンコインは、プレミアムが付くかも?

銀と見分けがつかない?のがちょっと不安だけど、買っておくか!ふふふ( *´艸`)

他にこんな現物も考えられますが・・

価値のあるアンティークコイン、高級時計や車、絵画、骨とう品などの現物もいいと思いますが、一般人には難しいかもしれませんね。

保管とか金額とか目利きとか・・

まとめ

以上「分散投資で本当におすすめの安全資産とは?自分なりに考えてみた!?」でした。

ということで、分散投資にはデジタル資産(書面無し?の銀行預金、株、仮想通貨など)以外に、現金を多少と現物の貴金属(ゴールド、プラチナ、シルバーなど)、できれば土地建物もポートフォリオに入れておくのが安心と考えました。

ベテラン投資家さんやお金持ちの方たちにとっては、当たり前の考え方だと思います、そして、もっともっとすごい情報を知っているんでしょうね?

うらまやしい(‘Д’)

スポンサーリンク
この記事を書いた人
kazurei

常に時間や心、お金に余裕が無い日々。

子どものころのように、心の底から笑える楽しい日々が懐かしい・・

と、社会人、ほぼサラリーマン人生を振りかえる

ユーチューブ大好き、不思議大好き、定年が見えてきた

無駄に多忙なサラリーマン!

みんなが何それって言いそうなことを、

みんなにお知らせするのが最近の一番の楽しみになってきた

感じで生きてます。

さらに興味のある方はプロフィールをご覧ください。

kazureiをフォローする
資産運用
kazureiをフォローする
ツイてるぞ!なんとかなる!!
タイトルとURLをコピーしました